ニュージーランド旅行記 8日目 クイーンズタウン、オークランド

クイーンズタウン最後の朝です。

f:id:hihifive:20190427095906p:plain

この美しい風景も見納めと思うと寂しいです。

QTQUEENSTOENは午前11時までのチェックアウトでよいので、ゆっくり過ごします。

f:id:hihifive:20190427094824j:plain


変わらず朝食ビュッフェを楽しみました。

f:id:hihifive:20190427100033p:plain
その後、ゆっくりと支度していると、イチロー引退の衝撃的ニュースが。

いえ、もちろん今年の日本での開幕戦後に引退するのだろうなと予想はついていました。

しかし、物心が着いたころからの大スターで、最も尊敬する人の一人であるイチローが引退するとなると、感慨を覚えずにはいられません。

 

YouTubeで引退試合の交代のシーンを見て、妻と二人で大号泣しました。

引退会見も見ましたが、言葉の一つ一つが重く、突き刺さります。

私たちも何かに一生懸命に取り組むことを誓い合いました。

 

3泊のQTQUEENSTOENでの滞在は夢のような時間でした。

清潔だし、ご飯もおいしいし、景色もよかったです。

新婚旅行の目玉としてこのホテルにしましたが、本当に良かったです。

新婚旅行にふさわしい良いホテルでした。

 

11時ころにチェックアウトした後はスーツケースを転がし街へ。重い荷物を持って1㎞弱歩いたのでちょっときつかったです。

 

そして最後のクイーンズタウンの街を楽しみます。

評判のカフェ、BATH HOUSEへ向かいました。人気店で朝からコーヒーや会話を楽しむ人たちで賑わう小さなお店です。

f:id:hihifive:20190427095049j:plain

2人ともFlat Whiteを頼みました。

湖畔の気持ちいいカフェで、途中から目の前のドアを開いてくれて特等席みたいになりました。

f:id:hihifive:20190427095820p:plain

ゆっくりとコーヒーを飲んで、旅の感想を記録しているノートを書いて、ふと見上げると綺麗な湖。

とても素敵な時間を過ごしました。

 

次にお昼ごはんを調達しにファーグバーガーへ。めちゃくちゃ並んでました。

f:id:hihifive:20190427095027j:plain

13ドルのチーズ入りバーガーを頼み、10分ほど待ちます。名前を聞いてくれて、レシートにも名前を入れてくれました。

外で待った後、自分の番号が表示されたらレシートをもってもらいに行きます。

店の外までお客さんであふれていますが、運よく店の前のベンチが空いていたので、妻とバーガーをシェアして食べました。

f:id:hihifive:20190427095034j:plain

日本人にもなじみのある味。崩れにくくて食べやすいです。

あんまりお腹は減っていなかったので、2人で1個でも十分満足できました。

 

ご飯後は予定よりちょっと早めに空港へ。

オーバスという市バスで空港に向かいます。バス停で手を挙げて止めるスタイル。

クイーンズタウンの市街地からクイーンズタウン空港までは一人当たり10ドルで前払いです。

乗車時にドライバーにお金を手渡しします。おつりももらえるので、そこは安心。

バスはFREE WiFi完備なので、WiFi乞食は歓喜しました。

 

オークランドに向かうJetstarでは10ドル分の注文ができるということだったので、プロテインバーとポテトチップス、オレンジジュースを2つ頼みました。

 

オークランドについてからはスカイバスで市内へ向かいます。

空港の出口の外にあるカウンターに行ったらすぐにチケットを買えました。

結構列が長かったので、到着後急いで列に並んだほうが吉。

こちらはFREE WiFiといいつつFREEじゃありませんでした。WiFi乞食涙。

 

予約していたアパートを探して歩いていると、Tobyという青年が入口で待っていてくれました。

そのまま部屋に案内してくれて説明を受けます。

f:id:hihifive:20190427095052j:plain

でも恐ろしく早口で何言ってるか雰囲気だけでつかみました笑

とりあえずチェックアウトの仕方だけは確認しておきました。

鍵を置いて、内鍵を閉めていくだけでいいらしく、楽でよかったと一安心。

 

この宿はアパート形式で一通り必要なものは用意されていました。洗濯機や乾燥機があり、洗剤も有り。

食器はもちろん、食洗機もありました。なぜか牛乳も1本くれました。

f:id:hihifive:20190427095037j:plain

オークランドの都会で暮らしたらこんな感じなんだろうなと妄想にふけります。

周りは都会で結構うるさく、音が気になる方には向かないかもしれません。すぐに慣れましたが。

 

部屋はリビングダイニングが1部屋、寝室1部屋あります。設備や立地に対してすごく安いと思いました。

f:id:hihifive:20190427100546p:plain

TVに自分の携帯からNetflixやYouTubeを繋げられます。

オークランドの中心部、Queens St.沿いにあるので、ご飯屋は周りにいっぱいあって、買い物にも便利です。

スカイシティまでは徒歩10分くらし。市バスのCity Linkでも行けるが十分徒歩圏内です。

 

オークランド最初のご飯はステーキを食べました。

会社の先輩におすすめしてもらった、アンガスステーキハウスへ。

アパートから2分ほどで着きました。

この店では、好きな肉を1つ選んで焼き方を指定します。自分で直に肉を見ながら選べるのが嬉しいですね。

1ブロック400g以上はありそうです。

Tボーンとフィレをそれぞれチョイスし、マッシュルームソテーも頼みました。

サラダバー付きなのがなお嬉しい。

f:id:hihifive:20190427095030j:plain

ガーリックソースをかけてもらって、焼き立てが運ばれてくると、それはもう香ばしい匂いです。味も文句なし。

ビールも頼んで、お腹パンパンになるまで食べて2人で8千円程度。これはかなりお得。めちゃくちゃおすすめです。

 

ちなみに妻は肉を3分の1くらい食べきれなかったので、僕が食べました。

 

いったんアパートに戻って歯磨きした後に、再度夜のスカイシティのカジノへ繰り出しました。

想像していた5倍くらい広かったです。かなりド派手。

でもセキュリティはゆるゆるでパスポートチェックすらありませんでした。

ルーレットで200ドルを325ドルにして125ドル勝ちました!

(1回買った時点で勝ち確したのに、もう1回挑戦してしまい、妻に呆れらました。これが人間の性。てかダメな人)

 

夜のオークランドは金曜の夜ということもあってか奇声をあげる人や浮浪者みたいな人も居て、ちょっと怖かったです。

1週間田舎を旅してきて、善良そうな人にしか会わなかったので都会の厳しさを知りました。