テラスハウス: Tokyo 2019-2020 第8回感想(2019/7/9公開)

f:id:hihifive:20190518084626p:plain

今回も色々と動きました。

今シーズンは色んな関係が交わっていて、面白いですねー!濃密。

 

 

 

香織と翔平の柴又デート

テラスハウスのネットCMでは浅草って書いてありましたが...。

この二人の会話はすごく自然で良い感じ。

 

帝釈天で聞いた、香織さんのお母さんの教え。

「もらった賽銭は返してはいけない。」

ほんとか知らんが覚えておこう。

 

次に行ったのは、山本亭。

庭園がきれいなことで有名らしい。

お茶とかお茶菓子も出るみたいです。

翔平が書く予定のGINZAという雑誌?に香織のイラストも載せるような話をしていました。

こういう協業は見ると嬉しいです。

 

どうでもいいですが、お茶菓子を食べる前に写真を撮らずに食べてしまったシーン、日本語字幕では「この食べた部分脳内で保管する」と出ていましたが、補完ですよね。

英語字幕では「I can work from memory ~」と書いてあったのでニュアンス合ってるっぽい。

 

夜は目黒の茶割という店でご飯。

仕事論について話します。

翔平も何を言われるかわかっていて、「言葉選ばなくていいよ」と言うのはちょっとかっこよかったです。

やる気あんのかな、とか、大学のサークルの延長、とか結構強めのワードで指摘されていましたが...。

結局今までと変わらない内容を話していたので特に変化は感じられなかったですが、香織さんはどう思ったのでしょう。

反応からはいまいちプラスマイナスどっちの感情か読み取れきれませんでした。

 

 

 

初の女子会でバチバチ

神泉のSeven Cloverで女子会。

スタンスの違いがぶつかります。

 

莉咲子は同じ人に好意を持っているのであれば、女子通しで筋を通したいと思っている、

春花は、話すことを気持ち悪いと思っている、といきなりの衝突。

 

莉咲子も春花も、「私はこうです。」というのが強すぎて、相手のスタンスを理解とか歩み寄ろうという姿勢が無さ過ぎて、見ててつらいですね。

何より、それを間でいなし続ける香織さんが大変そう。

 

 

香織さんと翔平のデートの話にもなりました。

香織さんは翔平のことを「めっちゃ気になる」と言っていますが、香織さん自身は翔平は自分にあまり興味がないと思っている様子。

確かに翔平からの熱量はあまり感じませんが...。

 

 

さらに話は発展して、メンズの話へ。

3人とも男性陣の消極的な姿勢への不満が爆発。

あまり仲良くない3人ですが、この話が一番盛り上がりました笑

 

その夜、莉咲子と春花から翔平と流佳にその話を伝えます。

流佳は北海道で色々考えた末、この話を聞いたので神妙な面持ちしていました。

なにか動きそうな気配。

 

流佳は流佳自身で自分自身の最近の感じが嫌だと思っていたっぽい。

女性陣に「流佳は(シャイでも)しょうがない」と思われていることも嫌みたいで、「それはやめてほしい」とはっきり言っていました。

 

男子部屋での男子トーク

翔平から健司に、女子の草食に対する不満を伝えます。

 

思わせぶりになるのが怖くてなかなか誘えないという健司に対しての翔平の言葉がよかったですね。

「美人じゃないですか、3人ともね。僕らがデート誘ったくらいで思わせぶりにならないと思うww」

 

 健司はモテすぎて自意識高くなってるんですかね。

 

 

そして話は流佳についてへ。

弟扱いしないでほしい件、香織を誘いたいと思っている件について、健司に報告。

健司は驚きすぎて息吸いながら声出てましたが。

 

男子側は3人ともフェアで、フラットで、いい関係なように見えますね。

それぞれ5歳ずつくらい離れているのがまたちょうどいいのかもしれません。

 

 

流佳はさっそく香織を誘いに女子部屋に行きます。

若さが出ていてみずみずしいです。

階段を上がったところでなぜか這いつくばっていたのがちょっと気持ち悪かったですが。

香織を誘う時は緊張しすぎて画材のことを絵具って言っていましたが、きちんと誘えていました。

香織も嬉しそうでした。

 

  

 莉咲子と流佳のスケボー

若者同士の遊んでる感じだいばを見るのも悪くないと思いました。

 

ダイバーシティ東京プラザでのスケボーです。

一通りスケボーで遊んだあとふたりで会話。

 

なんかもう莉咲子は流佳を応援するモードみたいになってきましたね。

この2人はもう恋愛に発展することはないのかな。

 

翔平のひとりバー

翔平は渋谷のバー?沙龍 射干玉へ。

サロンぬばたまと呼ぶみたいです。

 

ここで春花を気になっていることが言葉に節々にでてきます。

 

翔平は香織でなく春花のことを気になっているようですね。

香織の勘はあたっていたのかもしれません。

 

春花と莉咲子のデリカシー問題

今回最大のバトル。

健司の前で、気になっていることを莉咲子からバラされる春花。

二人ともはっきり嫌悪感を露わにするようになりました。

わくわく。

 

最終的に男子部屋にいった健司の前で涙を流す春花。

ここでバタン。

 

来週への引きも完璧。

楽しみです。