ニュージーランド旅行記 2日目 オークランド~クライストチャーチ

ニュージーランド旅行記 2日目!始まります!

f:id:hihifive:20190327211147p:plain

 1日目は成田からオークランドまででした。

記事はこちら↓

ニュージーランド旅行記 1日目 成田~オークランド - ハイハイファイブ

2日目はついにニュージーランドの街に入ります。

 

 

入国審査 ハネムーンだと言ったら祝ってくれた

飛行機から降り立ち、いよいよNZに降り立ちます。

入国審査ではマオリっぽい女性の審査官が対応してくれて、「ハネムーンに来た」と言ったらニコニコして祝ってくれました。

日本だとこういうのは無いのでなんだかうれしいですね。

 

ちなみに入国審査は家族はまとめてでOKでした。

妻が英語得意なので、大体やってもらいました...。英語はムズイです。

 

税関でも特に引っかかることもありませんでした。

ただ、列の前の人たちがやたらと時間がかかっていて、だいぶ待たされました。

NZは食料品を持ち込む場合は申告が必要なのですが、申請せずに通ろうとして止められたみたいでした。

自分たちも気を付けないとですね。

 

 

国際線から国内線への乗り継ぎ⇒Jetstarでクライストチャーチへ

 この後、NZの国内線に乗り換えてオークランドからクライストチャーチへ行きます。

念のため、かなり余裕を持った時間の便にしていたので、よかったです。

もう1つ前の便にしようか迷いましたが、それだと乗れていなかったのでひと安心。

ちなみに乗り換えはたっぷり3時間40分ほど取っていました。

 

オークランド空港での国際線から国内線への乗り継ぎは外を歩いていきます。

国際線の到着ロビーから外に出たすぐ足元に緑の線があり、それに沿って歩いていくだけ。とてもわかりやすいです。

f:id:hihifive:20190327224531j:plain

f:id:hihifive:20190327225348j:plain



3月のオークランドは20℃くらいの陽気で半袖になりました。

周りには半袖短パンの外国人(ここでは僕らが外国人なのだけど)がたくさんいて、なんだか解放感を感じます。

 

約10分ほど歩いてJetstarの国内線のロビーに到着です。日本の地方空港よりも小さい感じ。

f:id:hihifive:20190327224513j:plain



手続きして、いざクライストチャーチへ。

機内では、頼んだ覚えのない機内食が出てきました。

サンドイッチとコーヒーが出てきて、小腹がすいていたのでちょうどよかった。

「pre-paid」って書いたシールが貼ってあったから、予約の時に頼んでたんだろうと思うのですが、なんだか得した気分。

コーヒーには、ミルクと砂糖が2個ずつついていました。

 

f:id:hihifive:20190327224413j:plain

 

クライストチャーチへ到着! レンタカーを借りる

クライストチャーチへ到着すると、南下したのでオークランドより少し寒くなってました。南半球なんだなあ、となぜか感動。

空港のWiFiはどの空港もフリーで使えます。ただスピードが遅いので画像読み込んだりは結構ストレス。

LINE見るくらいだったら全然問題ないです。

 

荷物をピックアップ後、最初の関門、レンタカーを借りるためHeartzの窓口へ。

窓口で予約の旨を伝える。ここは主に運転する僕がやり取りを担当。

 

ここでは、日本のオリジナルライセンスを出せ、と言われました。

国際免許証を持って行ってるので、日本の免許は要らないかなと置いてこようとしていたので、思いとどまってほんとによかったです。

(後で聞くと、日本の免許証も持ってくるようにちゃんと書いてあったらしく、不注意さを反省)

 

あとは交通ルールの説明を受けました。

NZは日本と同じ左側通行右ハンドルなのでわかりやすく、ここは自身をもって頷けました笑。

最後のGoooo!と力強くやってくれて、なんとか最初の関門を突破しました。

 

鍵を受け取ったら、自分たちで車を見つけるシステムでした。

ロビーを出て1分くらいのところにHeartzのマークがあり、自分の車両を探して勝手に乗っていっていいそうです。

すごく楽で、なんか拍子抜けしちゃいました。

 

今回はマツダのデミオ。いざと言う時に日本車の方が慣れてて安心かと思ったので。

f:id:hihifive:20190327225943p:plain

いざ出発!....と思ったのですが、肝心なことに気づきました。

ナビがつかないのです。かなり焦ります。

 

しかし、その時Googleマップのオフライン機能が使えることを発見。

WiFi環境下でマップをダウンロードしておけば、オフラインでも道に関してはかなり詳細なところまで見られるのです。

しかもGPS機能も有効で経路案内もできるので、完全にナビ替わりとして使用できました。

さすが天下のGoogle!NZからシリコンバレーに平れ伏します。

 

気を取り直していざ出発!

 

クライストチャーチの中心部へ。そこにはテロの傷跡が....。

車で走り出すと街並みが良く気持ちいいです。

自然が多く、ロードサイドの家々が大きい。道路も広くて運転しやすかったです。

信号に色々矢印が付いていて、いまいち判断がつかず迷いました。

 

街の中心部までくると、「KEEP OUT」のロープが張られ、道路が塞がれていました。

実は僕たちが入国する前日にクライストチャーチでテロ事件があり、モスクが襲撃されたのでした。

ちょうどモスクの周りの道が塞がれており、遠回りしてホテルに向かいます。

テロ翌日でしたが、すでに献花をしている人たちが大勢いました。

 

最初の宿、「Breakfree on Cashel」に到着。

車をホテル横の駐車場に停めて、チェックインを済ませ部屋に。

廊下は海外特有の変な甘い匂い。部屋は変なにおいはしなかったのでよかった。

なんか少し小綺麗なラブ〇って感じの部屋でした。

最初の宿はかなり料金を抑えめにしたので、1泊7,847円。多分安い。

ちなみにホテルは全てBooking.comでとりました。

 

 

クライストチャーチ観光 大聖堂、カードボードカセドラル、追憶の橋

ちょっと宿でゆっくりして市内観光へ出ました。

 

まず地震で崩れている大聖堂へ。痛ましい。

f:id:hihifive:20190327232816j:plain

 

日本人らしき人を見かけましたがテロのせいか皆不安そうな面持ち。

それにしても人が少ない。多分普段はもっと人が居るのでしょうが、テロの影響か町全体が閑散としていました。

どんよりとした曇天も相まって気持ちがだんだん沈んできます...。

 

f:id:hihifive:20190327225120j:plain

カードボードカセドラル。地震にあった大聖堂の代わりに作られた建物。

 

f:id:hihifive:20190327225107j:plain

追憶の橋。第一次世界大戦のころの遺物。

 

f:id:hihifive:20190327225050j:plain

追憶の橋の傍の川。

 

30分のかからず歩いてこれたので、ここでご飯。

「FAT EDDIES」という店に入る。生演奏をしていておしゃれな雰囲気に浸りました。

f:id:hihifive:20190327233724p:plain

ラガービールとポークなんとかのコロッケ+サラダ的なのを注文。あとはサーモンと豆のメインディッシュ。味はそこそこ。

 

ご飯を食べた後は散歩がてらウロチョロしました。

途中で行ってみたかったカフェ「C-1 ESPRESSO」を発見。 

NZ名物のFLAT WHITE(コーヒーです)と、チョコブラウニーを注文。

f:id:hihifive:20190327225212j:plain

NZで飲んだコーヒーの中で一番おいしかったです。かなりおすすめ。

ブラウニーも味が濃いけど日本人に合う甘さな気がします。好みでした。

 

その後スーパーで水や朝食を買ってホテルへ帰りました。

20時ころでもまだ全然明るくて、時間の感覚が変になりました。

 

2日目はこれで終了。

 

3日目の記事はこちら。ぜひ読んでくださいね。

www.hihifive.com