ニュージーランド旅行記 3日目 アシュバートン、ティマル(キャロラインベイ)、テカポ湖

ニュージーランド旅行3日目です!

 

2日目の記事はこちら↓

https://www.hihifive.com/entry/nztrip2day

3日目はクライストチャーチを出て、アシュバートン、ティマルを経て、星空で有名なテカポ湖に向かいます!

 

 

ところで、旅行を振り返って記事にするの、とても楽しいです。

ブログやっててよかったなあと思います。

それではスタート!

 

クライストチャーチを出て車で西へ

現地時間8時ころに起床。前日の移動でだいぶ疲れていましたね。

前の日にスーパーで買ったヨーグルトとカップ麺を食べました。

ヨーグルトはプロテインプラスのもので、1カップに13gのタンパク質が含まれています。これって結構すごい。

筋トレ好きとしては、日本でももっとこういう食品のバリエーションが増えるといいなあと思いました。

カップ麺はビーフ味のものをチョイス。コクはないけどそこそこ食べられる味でした。

 

テロ事件の影響で早めにクライストチャーチを出発することに。

ホテルのエレベーターで同乗したおばさんがとっても気さくで、嬉しい気持ち。

9:40ころチェックアウトして、前日借りていたレンタカーに乗って、この日の目的地テカポ湖に向けて出発しました。

道中気になるところに寄っていく方針です。

f:id:hihifive:20190329220503p:plain

空がとにかく広い!ドライブが気持ちいいです!

 

 

クライストチャーチを出て20分ほど西に向かうと、クッキータイムのファクトリーショップに到着しました。

ここはNZで有名なクッキーの、工場併設ショップだそうです。

f:id:hihifive:20190329220307p:plain

楽しそうな外観のお店に入ると、たくさんのクッキーが売ってあり、割れたクッキーやお試し品が、スーパーなどより安く買えます。

f:id:hihifive:20190329221040p:plain

大量のクッキーが入った袋を嬉しそうに買っていくNZ人を見て、日常的にこんなの食べてると太っちゃうなあ、と。

もちろん僕も買いためようとしましたが、妻の手前思いとどまりました。

結局個包装のクッキーパックとチョコ団子的なお菓子を合わせて4.5ドル。道中のお供に。

 

 

アシュバートンでハンバーガー

妻と運転を代わりながら進み、昼頃アシュバートンという街で停車。

The Phat Duck Brew Bar & Kitchen という店に入りました。

ハンバーガーとシーフードパスタを注文。飲み物合わせて65ドルくらい。約5千円。

昼にしては奮発です。

 

かなりボリューミーなハンバーガーが届きましたが、肉が異常に厚くて、体育会系学生しかこんなの食べられないんじゃないかと思いました。

味はおいしかったけど、最後は無口になりながらなんとか完食。

f:id:hihifive:20190329221556j:plain

この店はテラス席が気持ちよさそうだったので、途中で席移動を申し出たら快くOKしてもらいました。

隣ではNZ人の若者たちから昼からビールを飲んでて楽しそう。

こちらのことを話している風で少し緊張。

 

食後はお店の近くにある、アシュバートンドメインという公演に歩いていきました。

名所でもなんでもないただの公演です。

草クリケット少年たちを横目に散歩。

ターザン的な遊戯が無造作に設置されており、交互に乗りました。痛快。

f:id:hihifive:20190329222400j:plain

もっと乗りたかったなあ。

 

ティマルの街で、キャロラインベイで海辺散策

さらに1時間くらい車に乗って西進し、ティマルという街へ。

この街はキャロラインベイという海辺が有名らしく寄ってみました。

f:id:hihifive:20190329223022j:plain

もうNZは3月で秋に入ったこともあり肌寒かったです。

そのせいか、人はほとんどおらず遊園地みたいなところの閑散っぷるがエグい。

ガイドブックには、「夏場には海水浴客でにぎわう」的なことが書いてあったのですが、本当か疑わしく思いました笑。

でも確かに、暑い時期には気持ちよさそうな場所でした。

 

車中で使えそうな英語のフレーズ勉強

道中暇つぶしがてら、ガイドブックやネットで拾った英語フレーズの勉強をしました。

特に役に立ったのが次の3つ。

・Can I have the menu? (メニューもらえますか?)

・Can we have some small plates for sharing?(取り分け用の小皿をもらえますか?)

・We have a reservation for three nights from today.(今日から3泊の予約をとっています。)

 

すぐ使えるフレーズを持ってると、それだけでちょっと自信もって話せますね。

 

ついにテカポ湖に到着。湖の美しさに感動。

テカポ湖に向かう道も絶景続きでした。

f:id:hihifive:20190329225547p:plain

どこまでもまっすぐ続く道に、太陽もまぶしくて心地よい。

f:id:hihifive:20190329225518p:plain

路肩に車をとめて記念撮影タイム。

そして、いよいよ....

f:id:hihifive:20190329224451j:plain

テカポ湖へ到着しました!!!!

あまりの湖の美しさに言葉も出てきません。

 

この日の宿はテカポ湖畔にあるキャンプ場

Lake Tekapo Motels & Holiday Park に泊まります。

 

大きなベッドと二段ベッドもあり、家族やグループで来ても泊まれます。

外はキャンプサイトになっていおり、たくさんのキャンピングカーが停まっていました。

f:id:hihifive:20190329224435j:plain

部屋からはテカポ湖が眼下に広がっていて、カーテンを閉めるのがもったいないくらい。

f:id:hihifive:20190329225447p:plain

しばし、湖までおりて景色を楽しみました。最高です。

そしてテカポ湖は夜の星空が綺麗なことで有名なので、初めて早く夜になればいいなとも思いました。

 

テカポ湖の美しい星空 月明りには注意

夜は近くに唯一ある商店街でご飯。

行きたかったKOHAN restaurantが開いていなかったので、その隣のMackenzies Cafe Bar & Grill に入りました。

混んでたのでちょっと待ちました。

 

ラムチョップと3種肉のグリルを頼んでビールを飲む。

f:id:hihifive:20190329231255p:plain

 

この後キャンプ場に戻って、テラスでワインと生ハムをつまみつつ、星空を眺めながら妻と語らいました。

この時間が至福。新婚旅行の醍醐味ですね〜。

 

星空が有名なテカポ湖だけに、星空はとても綺麗でした。

心配していた天気も持ちこたえ、若干雲はあるもののよく星が見えていい経験でした。

ただ晴れすぎて月明かりが明るすぎて、期待していたほど満天の星空!という感じではなかったのが少しだけ残念でした。

 

もしテカポ湖での星空を最優先に考えて本気で楽しみたいのであれば、新月の時期を調べといてそこで何泊かした方がいいと思います。

 

そんなこんなで夜は更けていきました。

 

次の日、4日目の記事はこちらです。ぜひご覧ください。

www.hihifive.com