ニュージーランド旅行記 4日目 テカポ湖、マウントクック

ニュージーランド旅行4日目はテカポ湖からスタート。

f:id:hihifive:20190402204458j:plain

朝焼けが綺麗でした。

 

3日目の記事はこちら↓

ニュージーランド旅行記 3日目 アシュバートン、ティマル(キャロラインベイ)、テカポ湖 - ハイハイファイブ

テカポ湖の透き通った朝

 この日は朝日が出る前に起床。気温は5℃でした。(3月中旬)

寒いけど空気が透き通っていてとても気持ちいいです。

日の出を見るつもりでいたのに、うとうとしていて気づいたら朝日が部屋に差し込んでいました。不覚。

 

朝食には前日スーパーで買った牛乳とピザ。

f:id:hihifive:20190402210648p:plain

 

期待していたニュージーランドの牛乳は日本と大差なかったけど、妻は感激して飲んでました。

なんでも2-3年ぶりに飲んだらしいです。僕は牛乳党なので、もっと妻に牛乳を広めていきます。

 

善き羊飼いの教会

 10時ぎりぎりになって宿を出発。

まずは善き羊飼いの教会に行きます。内部は撮影禁止。

f:id:hihifive:20190402211226j:plain

湖畔に立つこの教会は小さいのですが、窓から見える湖がとても善き。

観光客も多く、スタッフのかたも気さくに声をかけてくれました。

晴れ晴れとして湖の水面がきらきら揺れて綺麗でした。

 

f:id:hihifive:20190402211948j:plain

湖がとにかく青い!

 

テカポ湖を出発する前に、NZで初めての給油をします。

普通はセルフらしいですが、ここは観光地らしく店員が給油をやってくれました。

給油後は給油台の番号を店内で申告して支払い。思ったより簡単でした。

 

次の目的地はマウントクック。その道すがら、プカキ湖にも寄りました。

f:id:hihifive:20190402211536j:plain

こちらも大きいし綺麗。でもテカポ湖のほうがこじんまりとして個人的には好きでした。

でもとにかくどこも絶景!

 

マウントクックへ向かう

ここからプカキ湖に沿って北上し、マウントクックへ。

f:id:hihifive:20190402212444p:plain

途中大自然に包まれるが人里が無さ過ぎて不安になりました。

 

昼時に到着。The old mountaineer's cafeに入ります。

山小屋みたいな雰囲気を持ったカフェで、ビンテージものの登山道具などが飾られていい雰囲気。景色もきれいです。

f:id:hihifive:20190402212644j:plain

この日もハンバーガーを注文。妻はサーモンベーグル。

肉々しい味。野性味を感じました。

f:id:hihifive:20190402212807j:plain

14時まで店でゆっくりしたり、うろうろして、チェックインの時間を待ちます。

 

この日はハーミテージホテルに宿泊。この地域で最も有名で権威のありそうなホテルです。

14時に到着すると駐車場はすでにかなり埋まっていました。

フロントに行くとまだ部屋が準備できていないということで、チェックインの受付のみして、荷物は車に戻しました。

 

フッカーバレーへのハイキング 日差しが強くて気持ちいい

この日のメインイベントはマウントクックでのハイキング。 早速着替えて山へ向かいます。

ハーミテージホテルのすぐ横から整備されたハイキングルートが出ているので、迷うことなく歩き出すことができます。

f:id:hihifive:20190402214259p:plain

装備品は、リュックに貴重品と水750ml、薄手のマウンテンパーカー。ヒートテックを入れていきました。

山なので急な温度変化をケアしていきました。

f:id:hihifive:20190402213651j:plain

少し歩くとすぐにロードオブザリングの世界。サムとフロドが歩いてそうですね。

そして思ったよりかなり暑い!太陽がかなり射してきます。

僕は半袖短パンにランニング用シューズとかなり薄着でしたが、それでも暑かったです。

 

ホテルから50分ほど歩いて、第1の吊橋に到着。

川の色が緑がかった乳白色ででした。氷河が溶け出した水はこういう色になるらしいです。 

f:id:hihifive:20190402213714j:plain

ひっきりなしにハイカーたちとすれ違います。かなりの人気コースですね。

更に30分ほど歩いて第2の吊橋、そこから20分ほどで最後の第3の吊橋を渡ります。

f:id:hihifive:20190402213830j:plain

行きは暑さも相まってとても長く感じました。

登りも多くて自然と口数も少なくなってきます。

でも、道がわかりやすく歩きやすかったです。危ないところは整備されていて危険はほぼありません。

ただし、砂利や岩の地帯も多いので、薄手のスニーカーだと足に負担がかかるところもあるかと思いました。

 

最後の坂を登りきると、とうとうフッカーバレーに到着です。爽快!

f:id:hihifive:20190402220320p:plain



氷河とおぼしきところからの氷が崩れてきていて、湖の水は冷たいです。

浮いているのが氷です。

靴と靴下を脱いで足をつけると、すべての疲れが飛んでいく心地がしました。

 

15分ほど休憩ののち、帰り道。帰りは下りなので、すいすい。

でも水が750mlしかなかったので完全に不足。こんな暑いとは思っていませんでした。反省。

 

結局、行きは2時間、帰りは1時間30分程度、合計3時間半くらいのハイキングでした。

 

ハーミテージホテルを楽しむ

ホテルに戻ってルームキーをもらい部屋へ。ベッドがデカいです。

シャワーを浴びて、ご飯の前に汚れ物をランドリールームにもっていきました。

2ドルコインが3枚必要だったので、フロントで両替してもらいました。

 

そして晩御飯を食べにホテル内のレストランへ。大きな窓から景色が綺麗です。

(写真は暗いですが、室内はちゃんと明るいです。)

f:id:hihifive:20190402220407p:plain

夕食はビュッフェを選択。ハイキング後の体に地ビールが染みます。

種類も食べきれないくらい豊富でかなりおいしかったです。肉三昧、スイーツ三昧です。

 

ご飯を食べた後、ランドリールームに洗濯ものを取りに行ったら、21時までと書いてあったのに、20時30分頃には鍵が閉まっていて慌ててフロントに。

バイトの女の子みたいな子が開けに来てくれたけど、悪びれるでもなく、海外だなあと感じました。

そんなプチトラブルも起こりつつ、山の夜は更けていきました。